ケミカルピーリングによるニキビ跡治療のデメリットとは

ニキビが治ったあと、赤黒く残ってしまったニキビ跡に悩んでいる人もたくさんいますね。
これは、ニキビができているときに引っかいてしまったり、つぶしてしまったことによる色素沈着です。
また、刺激を与えなくても肌の調子が悪くて上手に治らないと、色素沈着が残ってしまう場合もあります。
このにきび跡治療のために有効な手段の一つがケミカルピーリングです。
これは、簡単に言うと色素沈着している皮膚を剥がしてしまうことで、新しい皮膚に生まれ変わらせるのです。
肌のターンオーバーを活性化させるということですね。
これを行うと比較的早くにきび跡を治すことができるのですが、デメリットも存在します。
どんなことが起こるのかというと、薬の力でターンオーバーを早めることになりますから、
当然肌にはかなり負担がかかってしまいます。
一時的にですが、とても乾燥しやすくなり、刺激にもとても弱くなってしまいます。
すると、皮膚が赤くなってカサカサになり、ボロボロはげてしまうということが起こります。
そしてこのときはとても日焼けしやすくなっていて、新たなシミができやすいのです。
ですから、ケミカルピーリングを行っているときは、徹底的な保湿と日焼け止めが重要になります。
特に敏感肌の人は、肌に激痛が走るほど刺激が強いこともありますので、
合わない場合は医師と相談の上中止した方が良いかもしれませんね。
にきび跡の治療方法は他にもありますので、合わない場合は決して無理に続けないようにしましょう。

このページを参考にしてニキビ跡について書きました。

ニキビ跡の改善にメリットのあるケミカルピーリング

皮膚科やスキンケアクリニックなどの医療機関では、ケミカルピーリングという皮膚治療を行うところがあります。肌の新陳代謝を促すものでシミやしわに効果がある、赤ちゃんのような生まれたての肌になるなどと、やや過剰な効果を謳って施術するエステティックサロンもありますが、皮膚に薬剤を塗布するケミカルピーリングは、特に顔などに行うことが多く、副作用などの危険を伴うものですので、本来は医療機関でのみ行うことの出来る治療になっています。
日常的にピーリング治療を行っている皮膚科医の意見では、ケミカルピーリングが最も効果的に働くのは、ニキビ治療とニキビ跡の改善だということです。
医療機関で行うピーリングは、フルーツ酸(グリコール酸などが一般的)などを皮膚表面に塗布し、角質層に浸透させ、角質間のつながりを化学的に剥離させ、中和剤(アルカリ)で中和するなどの方法を使います。皮膚の上で「酸塩基反応」を起こすものですので、フルーツ酸を皮膚に塗布した瞬間はヒリヒリとした痛みが伴います。酸で軽い火傷を負わせた状態になり、直後に中和剤で酸の進行を止めます。施術後には良く冷やしてクーリングを行いますが、自宅でもバリア機能の衰えを補完する様な手当が必要になります。
反面、角質が薄くなった分、ニキビの基となる毛穴の奥の膿が出やすくなり、また塗り薬やビタミンC誘導体ローションなどの浸透が良くなるので、ニキビ治療、ニキビ跡改善には大きなメリットがあると言えます。

ニキビ跡にフラクショナルレーザーをするデメリットを理解する

フラクショナルレーザーはニキビ跡に効果が高いことで話題の治療法です。
現在行われている治療法では最も効果の高いものの一つと言えます。
ニキビの跡を改善する目的で治療している人もかなり多いです。
治療自体は安全なので勧めるクリニックも多いのですが、デメリットも理解しておく必要があります。

フラクショナルレーザーは他のニキビ跡治療に比べてダウンタイムが少ないのが特徴です。
しかし効果をだすためにはある程度のレーザー出力が必要になります。
レーザーを強くすると、どうしても肌に赤みがでてしまいます。
個人差はありますが数日から1週間程度は赤みが残る場合が多いです。
特にレーザーをした当日はかなり強い赤みが残ることが多いです。
女性の場合はファンデーションなどで隠すといった処理をしなければなりません。

またこのレーザーを照射したあとは日焼けに注意しなければなりません。
レーザーにより肌の角質がとれ敏感になっています。
ちょっとした外出でも紫外線を浴びると、シミなどに繋がるので日焼けに気をつける必要があります。
基本的にはPAやSPFが強めの日焼け止めを常につけるようにすれば問題ありません。
美容クリニックでも購入できるので確認するとよいでしょう。

デメリットもいくつかありますが、フラクショナルレーザーのニキビ跡に対する効果は大きいです。
しっかりとデメリットを理解することと、それに対する処置をすることでトラブルは避けられます。
美容クリニックなどではカウンセリングできちんと説明されるので、不安や疑問があったらしっかりと確認するようにしましょう。

ニキビ跡の治療にサルチル酸のケミカルピーリング

ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因で毛穴が詰まり、ニキビ菌が発生して皮膚に炎症を起こす感染性の皮膚疾患です。ニキビが出来た時に適切なケアを怠ると、皮膚にクレーター状の凹凸や色素沈着の跡を残すことになります。
ニキビ跡の原因になるニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビの3種類があります。白ニキビは、毛穴に詰まった皮脂の先端が黄白色に浮き上がっているもので、白ニキビが酸化して表面が黒くなったものを黒ニキビ、白ニキビや黒ニキビに細菌がついて炎症を起こしたものを赤ニキビと言います。
赤ニキビが悪化すると、ニキビ周辺の皮膚組織が障害を受け凹凸や赤みのある色素沈着として残ることがあります。
ニキビ跡として皮膚に凹凸や色素沈着が残ると、その治療は容易ではなく時間がかかることになります。ニキビが出来た時には、正しい方法で手当てを行い跡に残さないことが一番大切なことです。
皮膚科や美容クリニックでは、ニキビ跡の治療法にケミカルピーリング治療を行っています。ケミカルピーリングでは、グリコール酸ピール、サルチル酸ピール、乳酸ピール等の薬剤を適量の濃度にしたものを皮膚に塗布し、毛穴の詰まりや古い角質を除去するもので、使用する酸により効果の特徴が違います。
サルチル酸を使用したケミカルピーリングは、皮膚表面の角質層を溶解して柔らかくし、古い角質の除去を促します。また皮脂分泌を抑制する作用があるのでニキビ予防効果があります。

グリコール酸のケミカルピーリングでニキビ跡の治療をする

皮膚科や美容クリニックでは、一般的にグリコール酸によるピーリングをケミカルピーリングと呼んでいます。
グリコール酸(ヒドロキシン酢酸)は、最もシンプルなα-ヒドロキシン酸(AHA)で、サトウキビ、パイナップル、テンサイ、カンタロープなどに見られます。無味無臭の結晶で水に溶けやすいという特徴を持ち、皮膚への透過性が強いので、医療機関では20%る~80%の濃度で皮膚剥離治療としてケミカルピーリングを行います。
グリコール酸は皮膚表面と反応し、死んだ皮膚の細胞と脂質の結合を弱める働きがありますので、古くなった角質は剥がれ落ち、しわや色素沈着などを改善する効果があると言われています。
ピーリングで皮膚表面の角質を除去すると、サイトカインという物質が出ることが知られていますが、これにより肌の生まれ変わりが活発になりコラーゲンが造成され、皮膚のキメが整い、くすみのない健康な肌へ導きます。
ケミカルピーリングを行うことで、皮膚表面に残ったニキビ跡の色素沈着は、徐々に薄く目立たなくなります。
施術には、幾つか注意点があり、妊娠中や自己免疫疾患のある方などはピーリングが出来ません。薬剤を皮膚に直接塗布するものですので副作用が出ることもあります。施術後は皮膚の免疫機能が弱くなりますので、紫外線対策や保湿には十分な注意が必要です。
ニキビ跡の治療には、2週間に1回程度の頻度でピーリングを行ない、状態を見ながら繰り返すことが必要です。

ニキビ跡による肌荒れはどうやって治す?

肌荒れというのは、言葉通り肌が荒れている状態のことを指します。
乾燥してカサカサしている状態もそうですし、
ニキビやニキビ跡が多発している状態もそうです。
とにかく肌が健康でない状態といえば分かりやすいでしょうか。
このうち、乾燥が原因なら比較的対処がしやすいですね。
たっぷりと保湿して、クリームで蓋をして潤いを肌に閉じ込めてあげればよいのです。
ところが、ニキビやニキビ跡だとちょっと厄介ですね。
ニキビだと、軽ければ食生活や洗顔に気をつけていれば自然に治る場合もありますし、
ひどくても抗生剤やピーリングなどの処置をすると比較的早く治るのですが、
跡になってしまったものは放置していても治りません。
これは、ニキビが上手に治らなかったために色素沈着を起こしてしまったものですから、
いわばシミのようなものなのです。
シミって一度できると自力ではなかなか治すことができませんよね。
にきび跡もそれと同じで、薬剤の力を借りたり、レーザーなどを使って治療していくことになります。
にきび治療にピーリングが有効だと先述しましたが、
にきび跡にもピーリングは有効です。
ただ、ピーリングだけでなく、その上から漂白剤を塗ることによって治療していきます。
ピーリングは肌のターンオーバーを高めて色素沈着部分を表面近くに押し出す作用があるので、
その上から漂白作用のあるハイドロキノンなどを塗って色素沈着を薄くしていきます。
効き目の現れ方は人それぞれで、徐々に薄くなる場合もあれば、
ある日突然皮ごと剥げてしまって跡形もなくなる人もいます。

エストロゲンを使ってニキビ跡を治す

ニキビ跡がたくさんある肌は、でこぼこしていて化粧ノリも悪くなりますね。
一生懸命スキンケアしても、この跡はなかなか消えてくれないものです。
思春期の頃はまだターンオーバーが盛んなので治りも早いですが、
大人ニキビの場合は代謝もターンオーバーも落ちているので、下手するとずっと残ってしまいます。
本気で治療する気なら、皮膚科や美容外科に通った方がいいですね。
専門の施設では様々な治療法があるのですが、
この中でエストロゲン療法というものがよく行われています。
エストロゲンというのは、女性ホルモンの一種であり、
簡単に言うと女性らしい体作りをする働きがあります。
肌に関しては、ハリとツヤを与え、肌を美しく見せる働きを持っています。
ニキビができやすく、にきび跡も治りにくいという方は、この女性ホルモンの分泌が不足しているのかもしれません。
また、これと対極的に、男性ホルモンの分泌量が多いと、皮脂の分泌が盛んになります。
そうなると皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、アクネ菌の大量発生に繋がります。
実はストレスを感じやすい環境にあると、男性ホルモンの分泌が増える傾向にあるのです。
ですから、ストレス過多の方はよくニキビができますよね。
さてこの女性ホルモンによるにきび跡治療ですが、外用薬を塗るといった簡単なものもありますし、
服用するタイプのものもあります。
服用タイプは効き目が強いですが、副作用もあるので注意が必要です。
ですから、まずは外用薬を塗るといった治療から始めてみてはいかがでしょうか。

ニキビ跡に効くヒアルロン酸について

思春期の頃出来たニキビや、大人になってからのニキビの跡が残ってしまっている方がいます。ニキビ跡の原因としては、ニキビをつぶして真皮まで傷をつけてしまった場合や、ターンオーバーの乱れにより皮膚が再生されず、ニキビの元である皮脂が表皮内部に残って溜まってしまい、これを栄養にしたアクネ菌が増殖して炎症をおこし肌にダメージが残ってしまい肌がでこぼこになってしまうのが主な理由です。治し方としては様々な方法がありますが、その中でもヒアルロン酸による効果はとても大きいです。これは、人間の身体のあちこちに存在しているぬるぬるとした粘性の液体です。主に皮膚、軟骨、目、脳、関節液に多く含まれる成分で人間の身体に必用不可欠であるものです。しかし、これは年齢とともに失われていってしまうものでもあるのです。ヒアルロン酸の効果は、1g当たり6ℓの水分を保持できる保水力があり、又、関節の動きをスムーズにしたり、目のクッションする働きなどがあります。ニキビ跡により皮膚がでこぼこになってしまったそこにヒアルロン酸をしっかりと埋めてあげることにより、肌の弾力とハリを復活させ、跡を目立たなくできるのです。又、元々人間の身体にある成分なので、拒否反応などなく大変安心な治療です。体質や肌の状態、部位などによって量を調節し注入していくことでニキビ跡だけでなく、皮膚老化の速度を抑えるという一石二鳥のうれしい効果もあります。安心安全で、施術時間もとても短くて済むのでとても人気のある治療法です。

ニキビ跡を消すためには肌のターンオーバーを整える

ニキビ跡は厄介なものです。一度できてしまったニキビはなかなか治らないし大人ニキビの場合同じ場所に何度もできてしまったりするので注意が必要です。軽いニキビ跡の場合にはそのまま放置しておいても消える場合はありますが、ニキビの痕専用の化粧水やパックなどで早いうちにケアするのがおススメです。思春期の頃にできるニキビなら肌の新陳代謝も盛んなのでいずれニキビの跡は古い角質と一緒に剥がれてしまうことも考えられますが、大人のニキビの場合様々な部位にできてしまうことも珍しくないし、なかなか治らずニキビの跡も重症化してしまいがちです。しかも思春期の頃のように肌の新陳代謝が盛んではなくなっていると、なかなかニキビの跡が消えないことも考えられます。ホームケアでニキビ痕のケアをするなら専門の化粧品を使うのがおススメです。多くの場合専門の化粧品には美容成分を浸透させることで角質層のターンオーバーが正常なサイクルで行われるように肌本来の機能を取り戻す効果があります。でこぼこや黒ずみ赤らみなどの痕をすべすべの肌に導いて悩みを解決してくれます。最近人気の高くなっている注目の美容アイテム炭酸ガスのパックも、ニキビ痕のケアに効果的です。炭酸パックはエステのコースでもニキビ跡を消すために用いられており、高濃度の炭酸ガスによって酸素を肌の奥へと送り込み細胞を活性化させることで肌のターンオーバーを促進させてニキビ痕を改善してくれる働きがあります。

ニキビ跡にリキッドファンデーションは良いか

ニキビ跡は小さいものなら多くの女性がもっていて、お化粧で目立たなくするのにも大変苦労します。ニキビ跡は角質がどうしても硬くなっていますので、普段から保湿用の美容液でケアして角質を和らげることで目立ちにくくなります。ひとによってはそれでほとんど分からない位に見えます。お肌は余分な皮脂を落として保湿することを心がけましょう。そして化粧下地の上に塗るファンデーションですが、肌質によって種類がいくつかあります。ニキビの跡に使用するには、毛穴を塞がないタイプのファンデーションが良いです。ファンデーションで毛穴を塞ぐと皮脂が詰まりやすくなりますので、アクネ菌が集まりやすくなるからです。そうすると、ファンデーションのタイプはリキッドファンデーションではなく、パウダータイプのファンデーションのほうが毛穴を塞ぎにくいです。リキッドファンデーションはどうしても毛穴に入りやすいです。しかし、それでもその上にコンシーラーを使って毛穴やニキビの跡を隠しますと毛穴を塞いでしまいますので、お化粧は出来るだけ早めに落として保湿してあげることがニキビ跡を含めたお肌には大切なことです。そして、いくら良いお手入れをしても、不規則な日常生活をしていたり、食事のバランスが悪かったり、ストレスの多い生活をしていると、全くお肌にはよくありません。結局は余分なお化粧手間をかけてまた肌が悪くなるという悪循環にもなりかねませんので、基礎正しい生活を心がけてストレスを溜めないようにすることが大事です。