エストロゲンを使ってニキビ跡を治す

ニキビ跡がたくさんある肌は、でこぼこしていて化粧ノリも悪くなりますね。
一生懸命スキンケアしても、この跡はなかなか消えてくれないものです。
思春期の頃はまだターンオーバーが盛んなので治りも早いですが、
大人ニキビの場合は代謝もターンオーバーも落ちているので、下手するとずっと残ってしまいます。
本気で治療する気なら、皮膚科や美容外科に通った方がいいですね。
専門の施設では様々な治療法があるのですが、
この中でエストロゲン療法というものがよく行われています。
エストロゲンというのは、女性ホルモンの一種であり、
簡単に言うと女性らしい体作りをする働きがあります。
肌に関しては、ハリとツヤを与え、肌を美しく見せる働きを持っています。
ニキビができやすく、にきび跡も治りにくいという方は、この女性ホルモンの分泌が不足しているのかもしれません。
また、これと対極的に、男性ホルモンの分泌量が多いと、皮脂の分泌が盛んになります。
そうなると皮脂が毛穴に詰まりやすくなり、アクネ菌の大量発生に繋がります。
実はストレスを感じやすい環境にあると、男性ホルモンの分泌が増える傾向にあるのです。
ですから、ストレス過多の方はよくニキビができますよね。
さてこの女性ホルモンによるにきび跡治療ですが、外用薬を塗るといった簡単なものもありますし、
服用するタイプのものもあります。
服用タイプは効き目が強いですが、副作用もあるので注意が必要です。
ですから、まずは外用薬を塗るといった治療から始めてみてはいかがでしょうか。