ニキビ跡にフラクショナルレーザーをするデメリットを理解する

フラクショナルレーザーはニキビ跡に効果が高いことで話題の治療法です。
現在行われている治療法では最も効果の高いものの一つと言えます。
ニキビの跡を改善する目的で治療している人もかなり多いです。
治療自体は安全なので勧めるクリニックも多いのですが、デメリットも理解しておく必要があります。

フラクショナルレーザーは他のニキビ跡治療に比べてダウンタイムが少ないのが特徴です。
しかし効果をだすためにはある程度のレーザー出力が必要になります。
レーザーを強くすると、どうしても肌に赤みがでてしまいます。
個人差はありますが数日から1週間程度は赤みが残る場合が多いです。
特にレーザーをした当日はかなり強い赤みが残ることが多いです。
女性の場合はファンデーションなどで隠すといった処理をしなければなりません。

またこのレーザーを照射したあとは日焼けに注意しなければなりません。
レーザーにより肌の角質がとれ敏感になっています。
ちょっとした外出でも紫外線を浴びると、シミなどに繋がるので日焼けに気をつける必要があります。
基本的にはPAやSPFが強めの日焼け止めを常につけるようにすれば問題ありません。
美容クリニックでも購入できるので確認するとよいでしょう。

デメリットもいくつかありますが、フラクショナルレーザーのニキビ跡に対する効果は大きいです。
しっかりとデメリットを理解することと、それに対する処置をすることでトラブルは避けられます。
美容クリニックなどではカウンセリングできちんと説明されるので、不安や疑問があったらしっかりと確認するようにしましょう。