ニキビ跡の改善にメリットのあるケミカルピーリング

皮膚科やスキンケアクリニックなどの医療機関では、ケミカルピーリングという皮膚治療を行うところがあります。肌の新陳代謝を促すものでシミやしわに効果がある、赤ちゃんのような生まれたての肌になるなどと、やや過剰な効果を謳って施術するエステティックサロンもありますが、皮膚に薬剤を塗布するケミカルピーリングは、特に顔などに行うことが多く、副作用などの危険を伴うものですので、本来は医療機関でのみ行うことの出来る治療になっています。
日常的にピーリング治療を行っている皮膚科医の意見では、ケミカルピーリングが最も効果的に働くのは、ニキビ治療とニキビ跡の改善だということです。
医療機関で行うピーリングは、フルーツ酸(グリコール酸などが一般的)などを皮膚表面に塗布し、角質層に浸透させ、角質間のつながりを化学的に剥離させ、中和剤(アルカリ)で中和するなどの方法を使います。皮膚の上で「酸塩基反応」を起こすものですので、フルーツ酸を皮膚に塗布した瞬間はヒリヒリとした痛みが伴います。酸で軽い火傷を負わせた状態になり、直後に中和剤で酸の進行を止めます。施術後には良く冷やしてクーリングを行いますが、自宅でもバリア機能の衰えを補完する様な手当が必要になります。
反面、角質が薄くなった分、ニキビの基となる毛穴の奥の膿が出やすくなり、また塗り薬やビタミンC誘導体ローションなどの浸透が良くなるので、ニキビ治療、ニキビ跡改善には大きなメリットがあると言えます。