ケミカルピーリングによるニキビ跡治療のデメリットとは

ニキビが治ったあと、赤黒く残ってしまったニキビ跡に悩んでいる人もたくさんいますね。
これは、ニキビができているときに引っかいてしまったり、つぶしてしまったことによる色素沈着です。
また、刺激を与えなくても肌の調子が悪くて上手に治らないと、色素沈着が残ってしまう場合もあります。
このにきび跡治療のために有効な手段の一つがケミカルピーリングです。
これは、簡単に言うと色素沈着している皮膚を剥がしてしまうことで、新しい皮膚に生まれ変わらせるのです。
肌のターンオーバーを活性化させるということですね。
これを行うと比較的早くにきび跡を治すことができるのですが、デメリットも存在します。
どんなことが起こるのかというと、薬の力でターンオーバーを早めることになりますから、
当然肌にはかなり負担がかかってしまいます。
一時的にですが、とても乾燥しやすくなり、刺激にもとても弱くなってしまいます。
すると、皮膚が赤くなってカサカサになり、ボロボロはげてしまうということが起こります。
そしてこのときはとても日焼けしやすくなっていて、新たなシミができやすいのです。
ですから、ケミカルピーリングを行っているときは、徹底的な保湿と日焼け止めが重要になります。
特に敏感肌の人は、肌に激痛が走るほど刺激が強いこともありますので、
合わない場合は医師と相談の上中止した方が良いかもしれませんね。
にきび跡の治療方法は他にもありますので、合わない場合は決して無理に続けないようにしましょう。

銀行でお金を借りる