ニキビ跡に効くヒアルロン酸について

思春期の頃出来たニキビや、大人になってからのニキビの跡が残ってしまっている方がいます。ニキビ跡の原因としては、ニキビをつぶして真皮まで傷をつけてしまった場合や、ターンオーバーの乱れにより皮膚が再生されず、ニキビの元である皮脂が表皮内部に残って溜まってしまい、これを栄養にしたアクネ菌が増殖して炎症をおこし肌にダメージが残ってしまい肌がでこぼこになってしまうのが主な理由です。治し方としては様々な方法がありますが、その中でもヒアルロン酸による効果はとても大きいです。これは、人間の身体のあちこちに存在しているぬるぬるとした粘性の液体です。主に皮膚、軟骨、目、脳、関節液に多く含まれる成分で人間の身体に必用不可欠であるものです。しかし、これは年齢とともに失われていってしまうものでもあるのです。ヒアルロン酸の効果は、1g当たり6ℓの水分を保持できる保水力があり、又、関節の動きをスムーズにしたり、目のクッションする働きなどがあります。ニキビ跡により皮膚がでこぼこになってしまったそこにヒアルロン酸をしっかりと埋めてあげることにより、肌の弾力とハリを復活させ、跡を目立たなくできるのです。又、元々人間の身体にある成分なので、拒否反応などなく大変安心な治療です。体質や肌の状態、部位などによって量を調節し注入していくことでニキビ跡だけでなく、皮膚老化の速度を抑えるという一石二鳥のうれしい効果もあります。安心安全で、施術時間もとても短くて済むのでとても人気のある治療法です。